NiwaNaviImage
■お名前と、入社何年目かをお願いします。
安田文彦です。今年で入社8年目になります。(2016年12月現在)
■どういった部署に所属されていますか。
工事部で、主に現場施工、監督をしています。
■具体的にどういった仕事がありますか。
庭木の剪定や外構工事・造園、公共工事や文化財の保存工事など、幅広い分野を手がけています。
■部下や、後輩にはどのように接していますか。
 できるだけフレンドリーに接するように心がけています。現場の雰囲気をよくすることで、先輩後輩関係なくお互いに意見を言い合えたらいいなと思っています。時には無駄話が長くなってしまうこともありますが。(笑)
ClipboardImage
ClipboardImage
■仕事の振り方、フォローの仕方はどういった形ですか。
 やはり、相手の力量を把握することが大事で、最大限力を発揮できる人材配置を意識しています。仕事を振るときは、やり方を説明するだけでなく、よくある失敗例なども一緒に伝えることで、作業内容をイメージしやすくなれば、と思っています。
■どのようなときに仕事のやりがいを感じますか。
 「ものづくり」は形が残る物ですし、同じ物は二度作れません。Only oneです。そういうところに魅力を感じます。
 特に名勝「玄宮園」の保存工事の時は、歴史の長い文化財に自分が携わることが出来て、非常に印象に残っています。
■社内の雰囲気はどうですか。
 いつも明るいですね。気の合う仲間がいるということは、仕事の時にもすごく頼りになります。
■睫畋け爐量ノ呂辰討覆鵑任垢
 創業100周年というのはかなり大きいです。枯山水や石積みなどの、睫畋け爐覆蕕任呂力堕蹐虜酊躓蚕僂魍悗屬海箸でき、自分が成長できる環境が整っています。
■2、3年後の自分のイメージはありますか。
 まだまだ修行中ですね。いつか背中で語れるような庭職人になりたいです。
■最後に、求職者の方へメッセージをお願いします。
 元気と力がある人ですね。あと、庭師の技術は一朝一夕では身に付かないので、忍耐力も必要です。

■お名前と、入社何年目かをお願いします。
伊關靖幸、今年で入社11年目です。(2016年12月現在)
■どういった部署に所属されていますか。
工事部で、主に現場施工、監督をしています。
■具体的にどういった仕事がありますか。
作庭(造園)、剪定、外構、植栽、街路樹や緑地の育成管理、文化財保存、屋上緑化など、数多くの仕事を経験してきました。
■部下や、後輩にはどのように接していますか。
 仕事をする上でコミュニケーションは大事だと思っているので、積極的に話しかけています。その人の興味がある話題を提供したり、意見交換をしたり、自分なりに考えていますね。
■仕事の振り方、フォローの仕方はどういった形ですか。
 仕事を振る前にまず段取りを整えることで、相手が円滑に作業出来るようになり、無駄な時間を減らすことができると思っています。また、間違いを指摘する時も、何故それがダメなのかを順序立てて説明することで、理解を深めてもらうよう意識しています。
■どのようなときに仕事のやりがいを感じますか。
 例えば、布引運動公園で大型遊具を造ったときなどは、完成後に子ども達が楽しそうに遊んでいる姿を見て、この仕事をやっていてよかったなと思いました。
他には、名勝「玄宮園」の保存整備工事で、伝統ある歴史を紡ぐ担い手に自分がなれたことや、フジテックさんの植栽・造成工事で、今まで扱ったことのない巨木(イチイガシ)の植栽に携わったことが、特に印象に残っています。
ClipboardImage
■睫畋け爐量ノ呂辰討覆鵑任垢
 創業100年ということだけあって、今までの作庭数や公共工事等の工事実績が非常に多く、それが現在にも引き継がれています。例え自分がその工事に携わっていなくても、話を聞いたり資料を見たりすることで、刺激にもなるし、それが自分自身への自信に繋がってきますね。

■2、3年後の自分のイメージはありますか。
 庭師としては一生修行だと思っていますが、特に今よりも木のためになる剪定技術を勉強したいと思いますし、もっと多くの庭造りにも携わっていきたいです。
 あとは、玄宮園の保存整備工事も、まだ完了していない箇所もあるので、自分が全部やってやるって気持ちでいますね。
■最後に、求職者の方へメッセージをお願いします。
 ものづくりに携わる以上は、想像力豊かな人が向いているとは思いますが、やはり一番は花・植物に興味があるかどうかですね。何事も興味から始まるので。興味さえあれば自ずと力はついてくると思います。
 そして、僕たち先輩庭師としても、若い子達に興味をもってもらえるような、魅力ある仕事をしていきたいです。

■お名前と、入社何年目かをお願いします。
宮田ひかる、今年で2年目です。(2016年12月現在)
■どういった部署に所属されていますか。
営業部で、エクステリアプランナーとして働いています。
■具体的にどういった仕事がありますか。
新築外構・リフォームなどのお客様との打ち合わせ、現場調査、見積もり、図面作成、契約後の材料発注、現場管理、施工後のアフターサービスなど、幅広く手がけています。
ClipboardImage
ClipboardImage
■どのようなときに仕事のやりがいを感じますか。
何度も何度も試行錯誤してできた図面をお客様にお披露目したとき、「ここが好き!」とか、「素敵!」と言って喜んでもらえたときです。
直接、お客様からの喜ぶ声が聞けたとき、この仕事をやっていてよかったとやりがいを感じます。
■社内の雰囲気はどうですか。
雰囲気は良いと思います、部署や年齢関係なく、コミュニケーションがとれ、デザイン、施工、接客について、何でも気軽に相談できます。
■睫畋け爐量ノ呂辰討覆鵑任垢。
なんといっても、創業から100年以上続く経験と技術があることです。それは造園的なことはもちろん、公共工事や土木工事などもてがけているので、幅広く知識を得ることができます。
また、私が入社を決めた理由でもある、お客様と一緒に庭造りをしていくことができるということです。打合せから、施工・引き渡し・完成後のお手入れなど、お客様と長く関わっていくことができます。
■最後に、求職者の方へメッセージをお願いします。
未経験の方でも、やる気があれば成長できる現場です。絵を描くこと、ものづくりが好きな方におすすめです。エクステリアプランナーは、自分がデザインしたものが形となってできるので、とてもやりがいのある仕事です。
ClipboardImage